Top > 美容コスメ > もとは緑内障の治療薬でした。

もとは緑内障の治療薬でした。

ケアプロストは、まつ毛の育毛剤としてとっても人気があります。目のかゆみ、目の充血、色素沈着といった副作用がたまにありますが、ほとんど心配いりません。なぜかというと、ケアプロストって元々は緑内障の薬として使われていたからなんです。元々目に入れるたの薬だったので、目に悪いはずはないんですよ。

 

だけど日本では認可されてないので、ケアプロストは通販するしかないのです。欲しい場合は医薬品専門の通販業者から買うしかないんです。色々な業者があるので、口コミなんかを参考にするといいですよ。

 

そういえばうちのお父さんが緑内障で、緑内障用の点眼液使っていたいのですけど、まつ毛がめちゃくちゃ伸びて大笑いしたこと思い出しました!今思うとあれがケアプロストだったんですね!

美容コスメ

関連エントリー
もとは緑内障の治療薬でした。名古屋の縮毛矯正サロン使い切りタイプで安心